フランス

【フランス】リヨン・クロワルースの見どころ/ガイド【微笑む女性編】

リヨンのクロワルースの街並み

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

フランス第二の街リヨンには2つの丘があり、リヨンの旧市街から行ける宗教の丘「フルヴィエールの丘」とリヨンの市役所からすぐの絹の丘「クロワルース」があります。

この「クロワルース」といえば、ここに住んでいるというだけでお金持ちやあこがれを持つなどの良いイメージをリヨン人は抱くほどの魅力的な場所。

今回はそのクロワルースにあるローヌ川沿いの坂道とトラブールを巡る散歩コース【微笑む女性編】の紹介です。

そもそもトラブールとは

トラブールとはクロワルースをはじめとするリヨンの昔からの建物に存在する建物の中を縫うようにして通っている抜け道です。

そのクロワルースは絹の丘と言われるほど古くから絹織物が盛んな地域でした。

ルイ14世もこの絹を買い付けたほど。これによってリヨンの地位は上がっていきます。そのためリヨンのベルクール広場の中心にはルイ14世の像があったりするわけです。このクロワルースがないと今のリヨンはないと言っても過言ではないほど重要な場所でした。

このクロワルースには織機が設置するため高い天井を持った建物が多く、建物にこのトラブールと呼ばれる建物の中を縫うように通る小さな通路が多く存在します。

クロワルースのトラブール

多くのトラブールは道路から建物を挟んだ反対側の道路までつながっていたり、中庭へつながっていたりします。

そしてこのトラブールは大きく2つの目的で作られました。

  • 絹織物を運搬中に見られてデザインを盗まれないように人目を避けるため
  • 絹織物を雨にぬらさないようにするため

またこのトラブールは第二次世界大戦時にレジスタンスにも有効活用された小道として今日有名です。

クロワルースには現在も多くのトラブールが存在しますが多くはその住民の生活に密接します。そのため観光客は観光客に開放されているトラブールの一部を見学することができます。もちろん解放されているトラブールがある建物は現役です。

クロワルースの坂道・トラブールを巡る【微笑む女性編】

リヨンのクロワルースの街並み

今回はこの微笑む女性(たぶん)の描かれた水色のタイルをたどっていきます。このタイルは曲がり角や階段部分にしか設置されていないので見逃さないように気を付けてください。

リヨンのクロワルースの街並み

開始地点は市役所やオペラ座があるルイ・プラデル広場です。メトロはA線とC線のHôtel de Ville – Louis Pradel駅が最寄りです。またゴールはクロワルースの丘の綺麗な公園です。

今回はルイ・プラデル広場からクロワルースに向かって散歩してみました。このルートも坂道、階段は多いですが、そこまできつくないルートです。

リヨンのクロワルースの街並み

残念ながらスタートの看板を見つけることができなかったのでこのPetite Rue des Feuillants付近よりスタートしました。このタイルを目印に散歩していきます。

リヨンのクロワルースの街並み

早速道の途中にこのように奥に進んで!と言わんばかりの微笑む女性が待ち構えていますが、遠慮なくすすんでみましょう。

見た目は少し大きい住民用の扉なのですが、押すと観光客でも中に入れるようになっています。扉が大きい分、なかなか開けるのになかなか苦労します。

リヨンのクロワルースの街並み

こちらがこのコース目玉である、「リヨンで一番きれいな階段」ともいわれるトラブール。吹き抜けとなっていて上まで続く階段を見ることができます。

ここまで回りが白く、きれいであるこのトラブールは確かにリヨンで一番きれいな階段を持つトラブールです!

リヨンのクロワルースの街並み

コースの名所にはこのような説明が書いてあります。説明はフランス語と英語で書いてあり、歴史に関連することを知ることができます。

リヨンのクロワルースの街並み

このトラブールを抜けると広い中庭へ。この奥の扉からまた違う方向の通りまで続くトラブールがあります。

リヨンのクロワルースの街並み リヨンのクロワルースの街並み

建物が隣の建物と引っ付いてしまいそうなくらい間が狭く、空も狭くなっていますが、この空の形もトラブールごとに変化するのでトラブール巡りの楽しみの1つ。

リヨンのクロワルースの街並み

車も通れる通りであってもこの建物の密集感。この一帯の建物は大きい方でした。おそらくこの建物達にもトラブールはあると思いますが、一般公開はされていません。

リヨンのクロワルースの街並み

途中コースは坂道をひたすらに登ることになります。ローヌ川沿いから見る景色は市街ばかりではありますが、テッド―ル公園やインターポールなども見渡せることができます。

リヨンのクロワルースの街並み

崖に面して隠れるようにある階段。広場からは丸見えなのですが、建物の正面からは絶対に見えないこの階段。この建物にもトラブールはきっとあるはず。

リヨンのクロワルースの街並み

最後はクロワルースの公園付近で終わりです!お疲れさまでした!

この後はクロワルースの北側の散策や、クロワルースの他の散歩コース【ライオン編】などで下るのもオススメです。

最後に

クロワルースの坂道・トラブールを巡る【微笑む女性編】、いかがでしたでしょうか。

このコースではトラブールだけではなく、クロワルースの建物も見学できるというバランスの良い散歩コースです。坂道と階段が多いため結構長く感じますが、所要時間は1時間程度とそこまで長くありません。

ぜひ、リヨンで有名な旧市街やフルヴィエールの丘に加えてクロワルースのこういった散歩コースも楽しんでみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です