フランス

【フランス】リヨン・クロワルースの見どころ/ガイド【ライオン編】

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

リヨンには2つの丘があり、リヨンの旧市街から行ける宗教の丘「フルヴィエールの丘」とリヨンの市役所からすぐの絹の丘「クロワルース」があります。

この「クロワルース」といえば、ここに住んでいるというだけでお金持ちやあこがれを持つなどの良いイメージをリヨン人は抱くほどの魅力的な場所。

今回はそのクロワルースにある「トラブール」と呼ばれる道を巡る散歩コース【ライオン編】の紹介です。

そもそもトラブールとは

トラブールとはクロワルースをはじめとするリヨンの昔からの建物に存在する建物の中を縫うようにして通っている抜け道です。

そのクロワルースは絹の丘と言われるほど古くから絹織物が盛んな地域でした。

ルイ14世もこの絹を買い付けたほど。これによってリヨンの地位は上がっていきます。そのためリヨンのベルクール広場の中心にはルイ14世の像があったりするわけです。このクロワルースがないと今のリヨンはないと言っても過言ではないほど重要な場所でした。

このクロワルースには織機が設置するため高い天井を持った建物が多く、建物にこのトラブールと呼ばれる建物の中を縫うように通る小さな通路が多く存在します。

多くのトラブールは道路から建物を挟んだ反対側の道路までつながっていたり、中庭へつながっていたりします。

そしてこのトラブールは大きく2つの目的で作られました。

  • 絹織物を運搬中に見られてデザインを盗まれないように人目を避けるため
  • 絹織物を雨にぬらさないようにするため

またこのトラブールは第二次世界大戦時にレジスタンスにも有効活用された小道として今日有名です。

クロワルースには現在も多くのトラブールが存在しますが多くはその住民の生活に密接します。そのため観光客は観光客に開放されているトラブールの一部を見学することができます。もちろん解放されているトラブールがある建物は現役です。

クロワルースのトラブールを巡る【ライオン編】

今回はクロワルース周辺を散歩していると見つけることができるいくつかの散歩コースのうち、ライオン編を紹介です。

ライオン編はこの黄色いタイルに従ってクロワルースを散歩するコースで、開始地点はクロワルースの公園、もしくは市役所前のテロ―広場。

今回の写真はクロワルースの公園付近から下るルートで書いています。

こちら、ガイドブックなどにもよく紹介されるおそらく1番有名なトラブールであるCour des Voraces(クー・デ・ヴォラセ)。

この特徴的な階段は他のトラブールにも共通するデザインとなっていますが、こちらは唯一登れるトラブールです。他のトラブールの階段は住人専用となっています。

意外と薄く、いかにも切り出した感じを醸し出す石でできていますが歴史が感じます。

そして最上階がこちら。丘にあるトラブールなので本来なら中庭にしてもいいような場所なのに階段があって通り抜けることができるという。

行き止まりではなく地下へも続いて反対側へ出ることができるのでそのまま進むと他のトラブールが。

一見普通の建物の入口なのですが、このライオンのタイルが「真っすぐ行け」と訴えているためそのままことが可能。こちらの中も中庭にあたる部分に階段が設置されています。

このような階段になっている場所にもトラブールが隠れていたりします。階段のあるトラブールも中にはあるのでぜひのぞいてみてください。

この場所は奥行きのある写真が撮れる上に空もちゃんと入れることができる写真にオススメのスポット。ぜひ晴れている上の写真のような青空の日に撮ってみてください。

そしてやっぱり普通の住宅の入口にしか見えないこちらの扉も入ると抜け道が続いていて中庭にあたる場所へ行くこともできます。

トラブールを抜けてさらに他のトラブールへ。まるで迷路に入ったかのような、迷子に自分から成りに行ったような、そんな非日常がここには存在しますが、同時に彼らの日常に邂逅できるでしょう。

最後はこの噴水が見ることができるテロ―広場で終わりです。お疲れさまでした!

最後に

トラブールを巡る【ライオン編】いかがでしたでしょうか。

このコースはリヨン市によって用意されている観光コースの一つで無駄なく観光できる素晴らしいコースです。また他にもこのクロワルースを知ることができる観光コースは点在するのでリヨンシティカードというカードなども利用しつつもぜひそちらも時間がある場合は行ってみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です