ハンガリー

【ハンガリー】マジででかすぎ!ブダペストのPleh Csardaheに行ってみた

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

ハンガリーにはマンガリッツァを始めいろいろなグルメもあるののですが、今回はあえてそういったグルメやワインではなく、地元で有名なとあるお店へ行ってみました!このお店で出てくるチキンとポテトは…軍人ですら食べきれない量!

今回はそんなお店に行ってみたのでお届けです!

Pleh Csardaに行ってみた

そうハンガリーのPleh Csardaというお店にこの巨大フードが存在します。

小さな市場から1分のこちらのお店。見た目はこじんまりした個人ファーストフード店です。中の写真は取っていませんが、東側感が残っています。そして10人も入らない店内!

 

この場所はここ!

中心部からは少し離れますがメトロとトラムで行くことができます。このトラムはセーチェーニ温泉の近くより出ているので温泉行ったついでに食べに行くのもいいと思います。

メニューは結構多いのですが全部ハンガリー語です。当然読めるわけでもなく、トリップアドバイザーと友人の情報で何とか購入に成功。

公式ページにメニュー(ハンガリー語)があるので気になる方はぜひ。

公式ページ

おっちゃんに注文をするのですが、何を言っているのか全く分かりません。そのため適当にYesやOuiを言いまくってたら何とか注文することができました!

何を頼んだのか全く分からないままですが、値段は二人分で3000フォリントと少し。だいたい1250円くらいなので2人で食べると考えたら安いです。あと量も考えたらとても安い。

そしてやってきたこちらの謎の肉塊。2人で仲良く半分に。そして下に埋もれていた大量のポテトも分け分け。ポテトが一部しか見えませんがポテトの量もすごい。

このでかさになると、この肉は普通サイズでたまたまナイフとフォークが小さかったんじゃないか、などという妄想が生まれます。

一般人の私は肉は全部を食べ、ポテトは諦めました。友人も頑張ってはいたのですが…。残念。笑

謎の肉の正体はチキンだったのですが、こんなに巨大なのにも関わらず、揚げ具合は最高でした。外はサクサク、中は程よくジューシー!ただ食べたら夜ごはんはいらないです。

最後に

Pleh Csarda、いかがでしたでしょうか。

トリップアドバイザーの写真を見る限りではシーズン中は並ぶこともあるようなので行くなら早めがオススメです。そして1人では行かずに数人で分けてたべるのがオススメです!

見たことない大きさのシュニッツェルもあるようなのでぜひぜひ挑戦してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です