海外旅行

【海外旅行】ヨーロッパ旅行での必須アプリ「GOEURO」の使い方

リヨンのKitokitoです。

今回はヨーロッパで移動する際に便利な交通アプリである「GOEURO」の紹介です。

ヨーロッパでは国毎に交通が変化するのでヨーロッパ旅行に必須のアプリです。

GOEUROとは

GoEuro Train Bus Flight
GoEuro Train Bus Flight
開発元:GoEuro
無料
posted with アプリーチ

簡単に言うと、ヨーロッパ交通版のトリバゴです。

希望の場所、条件に合わせて飛行機、バス、電車のルート検索ができます。

なのでバックパッカーや観光客、ビジネスなどそれぞれにあった交通手段を検索することができる必須アプリです。

GOEUROの基本的な使い方

各交通手段を比較するためにまず出発地をFrom、目的地をToに入力しDepartに出発日時を選択します。往復の場合はAdd Returnより選択してください。

ここではテストでフランスのリヨンからドイツのフランクフルトを選択。

隣の人をタップすることで大人(18+)、子供(国による)、幼児(5歳以下)を調整できます。

子供は国によりますが

  • ドイツの鉄道:14歳以下
  • イギリスの鉄道:15歳以下
  • スペインの鉄道:13歳以下
  • ベルギー、オランダの鉄道:11歳以下
  • 空路:12歳以下

と記載されています。

以上を入力できたらオレンジ色のSearchをタップし検索です。

検索結果はこちら。

一番上の数字は最安を表示しています。

この表示の仕方は画面下にあるFilterを使用することで調整できます。

初期設定は安い+最短が上に来るようになっています。

フィルター機能で設定できるのは以下です。

  • ソート:安い順、時間順、早い順
  • 乗り換え:ダイレクト、1回、2回以上
  • 出発時間:0時~24時をスライドで調整
  • 利用する空港、バス停、駅の選択

各電車マーク、バスマーク、飛行機マークはそれに対応する数を表します。

 

さてここではバスを利用する設定で行きます。

確認画面が出ますので大丈夫であればオレンジをタップし各会社のHPへ飛び予約を開始します。

ここではこのアプリ内でFlixbusへ飛びそこで予約することができました。

その他便利な機能

希望の交通手段を簡単に調べれるGoeuroですが、予約を確認できたり、搭乗者の詳細を記録しておくこともできます。

横のメニューからは

  • 自分の予約:PDFなどをここに管理
  • 搭乗者の情報:名前、年齢、パスポート番号などの記録
  • 支払い方法:クレジットカードの登録
  • 料金表示:ユーロやドル表示にできます。(日本円はナシ)
  • 割引カード:割引してくれるカードなどを登録できるはず(今は不具合アリ)
  • カスタマーサービス:なにか不具合あればここへ
  • セッティング:ログアウトなどできます。

まとめ

ヨーロッパは広い上に多様なのでこのアプリで予算や時間にあった交通手段を見つけて旅をしてみてください。

また一応PC版のサイトもあるのでパソコンからも同様のことが行えます!

日本語には全く対応していなく街の名前など難しいかもしれませんが現地でも日本語はないのでこの際に覚えてみるのもいいかもしれませんね!

GoEuro Train Bus Flight
GoEuro Train Bus Flight
開発元:GoEuro
無料
posted with アプリーチ

また日本からヨーロッパへの空港券の検索はこちらがオススメです。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

やっぱり日本語で確実に予約がしたい!という方はこちらのレイルヨーロッパジャパンがオススメです。各鉄道の注意点も記載されているのでぜひ活用してください。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です