フランス

【フランス】リヨン・サン=テグジュペリ国際空港(LYS)から市内への移動方法まとめ

こんにちは、フランスのKitokitoです。

今回紹介するリヨン空港はフランス第2の規模を誇るリヨンの窓口となっており、フランスで4番目に利用客が多い空港となっています。またサン=テグジュペリは星の王子様の作者の名前からとっています。

今回はそのリヨン国際空港から市内へ行く方法のまとめです!

リヨン空港の概要

現在、日本からの直行便はありません。

留学や出張などで目的地がリヨンの場合はおそらくKLMでアムステルダム経由、もしくはエミレーツでドバイ経由が楽です。留学の場合は特に荷物が多いこともあるのでパリ経由よりも乗り継ぎしてリヨンに来た方が楽です。

またリヨン空港からはLCCも数多く就航しており、西欧へは比較的アクセスがしやすい空港になっています。

東欧へ行く場合はフランクフルト経由、もしくはTGVでパリで行ってから飛んだ方が楽かもしれない、という空港です。

ターミナルは2つあります。1と2がありますが1はAとBに分かれています。

Bは比較的新しいようで綺麗な内装が特徴的ですが一番駅より遠いです。

フランス語でのアクセス方法はこちらにあります。図解なのでフランス語が読めなくても大丈夫!

ローヌエクスプレスで移動する方法

ローヌエクスプレスという空港~リヨン市内(パールデュー)をつなぐトラムが一番楽に市内へアクセスできます。

トラムといってもトラムとは思えない速さで走るため意外と早く市内まで行くことができます。

  • 場所:空港を出てすぐ右の階段
  • 所要時間:30分ほど
  • 料金:片道15、90ユーロ、往復27、50ユーロ

また12歳以下は無料です。学生は片道13、20ユーロ、往復23、30ユーロ

購入方法は券売機で購入、ネットで購入、車内で購入の3種類あります。

必ずチケットは車内でチェックさえるので購入する必要があります。ネットの場合はQRコードをスマホ、もしくはプリントアウトして提示してください。

券売機は空港の場合は空港の出口のすぐそば、また市内の場合では駅に設置さえています。

運行時間は4時25分~0時までの15分間隔です。停車駅は空港のほか、Meyzieu Z.I、Vaulx-en-Velin – La Soie、Lyon Part-Dieuの3駅です。

Rhônexpress専用のアプリはこちら。

Rhônexpress
Rhônexpress
開発元:Altibus.com
無料
posted with アプリーチ

公式サイトはこちら(フランス語、英語)

タクシーで移動する場合

  • 場所:ターミナル1Aを出てすぐ
  • 所要時間:30分ほど
  • 料金:パールデューまで45~50ユーロ(昼)、65~70ユーロ(夜)

荷物が多い場合はやはりタクシーが便利!

昼まであれば60ユーロほどでリヨンの市内を行くことができそうです。夜間は高くなるので注意。

具体的な料金はこちらに(フランス語)

まとめ

リヨン空港から市内への交通機関がシンプルなので市内へは簡単にアクセスができます。

ローヌエクスプレスはターミナル1、2の中間にあります。意外と移動しますが昼間であれば15分間隔で運行されているので焦らなくても大丈夫です。

リヨン空港を利用した際に参考にしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です