海外旅行

【ヨーロッパ】日本語でOK!レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約する方法

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

今回はヨーロッパ旅行の際にオススメのレイルヨーロッパジャパンでのチケットの予約方法です。

レイルヨーロッパジャパンでは鉄道チケットはもちろん、周遊にオススメである鉄道パスを日本語で購入できるのは特徴です。

レイルヨーロッパとは

レイルヨーロッパジャパンは日本語でヨーロッパの鉄道ほぼすべてを予約することができるサイトです。

国ごとに言語が変わるヨーロッパでもすべて日本語で予約できるという点がメリットのサイトです。

詳しい機能などはこちらにて紹介しています。

あわせて読みたい
【ヨーロッパ】日本語OK!ヨーロッパの鉄道チケットを予約する方法!こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 ヨーロッパ、それは日本とは文化、歴史共に全く違う道を歩んできたま...

鉄道チケットの買い方

レイルヨーロッパジャパンで普通鉄道チケットの場合は片道、往復を選択し、日本語で出発地と目的地、また日時を指定するだけです。

日時の表示はヨーロッパ式で、日日/月月/年年年年になっています。日と月を勘違いしないように気を付けてください。

画像はパリ~クレルモンフェランとなっていますがパリ~リヨンで調べようと思います。

入力できたらオレンジのチケット検索をクリックします。

こちらが選択画面です。

時間に合わせて選択してください。

ヨーロッパの多くの国では時間帯によって値段が変わることが多いため、人気の時間帯ほど高く設定されています。

さて選択するとこういう画面になります。

カートに追加!と行きたいところですが、カートに追加の下にある利用条件を必ずチェックするようにしてください。

指定席が含まれているかどうか、また国によっては払い戻し条件などが記載されているとても重要な情報です。

確認できましたオレンジのカートに追加をクリック。

 

次は旅行者(搭乗者)の記入です。

年齢によって割引がある場合もあるので生年月日を記入しておきます。

何らかの割引を受ける場合、乗車中にそれを証明できるものを提示しなければならないことがあるので証明できる物(パスポートなど)は必ず持つようにしてください。

 

そしてカートの確認です。

まず乗車区間の確認をしましょう。

そして印刷オプションは場合によっては3種類、ここでは2種類用意されています。

・電子チケット:各交通会社の駅の端末に予約番号を入力することでチケットを発券できます。詳しい発券方法は日本語ガイドが発券方法選択画面でダウンロードすることができます。

・電子チケット(Print@Home):メールにて送られてくるPDFを予め印刷することによって発券できます。

宅急便にて郵送:宅配便にてチケットを受け取ることができます。送料が1500円と高くなるので注意です。

 

オススメは電子チケット(Print@Home)です。余裕をもって数枚を用意し別々に管理するとロストにも備えることができます。

電子チケットの場合は、その選択肢に駅での印刷方法ガイドが日本語で丁寧に説明してあるので忘れずにチェックしてください!

 

また予約手数料はいずれも1500円と日本語で予約できる分少し割高です。

そしてレイルプロテクションプランは電子チケット(Print@Home)の場合は予備を用意することで紛失を防げるのでつける必要はありません。

 

郵便+手数料+レイルプロテクションプランで想像以上の金額を要求されるので削れるところは削ってしまいましょう。

 

お支払いに進むと連絡先の情報を入力します。

特に疑問なく行けると思います。

入力できましたら再度チケット、連絡先・配送先を確認します。お支払いはクレジットカード・またはPayPalで支払うことができます。

以上の情報が確認できましたらメールで予約完了のお知らせが届きます!

鉄道パスの買い方

まずレイルヨーロッパジャパントップページより鉄道パスのタブをクリックしてください。

表示されているヨーロッパの黒い国で鉄道パスを購入することができます。

国をクリック、もしくは上の選択タブで国を指定してください。また国は数種類選択できるため、例えば地中海沿岸の旅であればスペイン、フランス、イタリアの鉄道パスを選択して購入などもできます。

 

ここではフランスだけを選択し例にしていきます。

使用可能な鉄道パスが表示されるので、ここではフランスのみの鉄道パスを選択。

42300円は最安の表示になっていて、ここの場合であると学生料金でした。

 

座席のクラスと日数、また枚数をそれぞれチェックしカートに追加。

一緒に旅するとお得です、はチェックしないで大丈夫です。

また座席のクラスは基本的に1等席が広く、2等席がふつうの座席となっています。

次は旅行者(搭乗者)の記入です。

年齢によって割引がある場合もあるので生年月日を記入しておきます。

何らかの割引を受ける場合、乗車中にそれを証明できるものを提示しなければならないことがあるので証明できる物(パスポートなど)は必ず持つようにしてください。

 

その次はショッピングカート。

印刷オプションとありつつも、郵送のみとなっています。電子チケットはありません。

そして手数料は通常のチケット同様に1500円です。

レイルプロテクションは高価な標品+現物での管理になるので不安な場合は1700円でつけてもいいと思います。

最低でも郵送代1500円+手数料1500円の3000円、またオプションでレイルプロテクションの1700円で4700円が鉄道パス代以外にも支払い必要があります。

 

お支払いに進むと連絡先の情報を入力します。

特に疑問なく行けると思います。

入力できましたら再度チケット、連絡先・配送先を確認します。お支払いはクレジットカード・またはPayPalで支払うことができます。

以上の情報が確認できましたらメールで予約完了のお知らせが届きます!

最後に

今回はレイルヨーロッパジャパン国ごとに予約方法が異なりヨーロッパ初心者にはなかなか厳しいヨーロッパ鉄道のチケットを日本語で購入する方法をお伝えしました。

日本語で、しかも各駅の注意点なども詳細に記載されているので不安な点はほとんど解消できると思います。

ぜひ楽しいヨーロッパ旅行へ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください