海外旅行

【海外】海外でスマホを取られないための事前対策

こんにちは、リヨンにいるKITOKITO です。このブログは旅行とIngressというゲームの話題がほとんどです。IngressというゲームはポケモンGOの前身となったポケモンGO同様にGPSを利用して遊ぶゲームです。

このゲームで遊んでいる時は大体いつも手にスマートフォン、しかもiPhone8(ニックネームはウィットくん。フランス語で8の意味)です。

海外ということもありまして、スマホを取られる可能性はもちろん日本よりも高いです。

取られるとしたら、それはスリかもしれませんし、物陰に隠れたコソ泥がスキを狙って奪って逃げるとか引ったくりかもしれません。

さて、今回はこういうことを防ぐために、私が実践しているものを含めたスマホを取られないための対策を書いています。

Ingressのプレイヤー(AG)やポケモンのユーザー(トレーナー)の皆さんが海外で役に立つ情報の…はずです!少なくともスマホでこれを見ている限りはまだ取られていませんね!笑

ストラップをつける

一つ目はストラップをつけるです。もはやコレのことについて書きたかった記事。

特にオススメは首下げのストラップ。

こちらが私の実践している方法です。これはウィットくんのケースです。

首に下げて模範的な使い方。模範的な海外AG、トレーナー。

ごめんなさい、そう私は手首に巻きつけて使ってます。

もちろん首に下げて使うこともできますが、以下の理由によって手首に巻きつけてます。

  • 商品によって長さが足りない場合がある
  • 写真撮るときに撮りにくい
  • 自撮りが極端に下手になる
  • カメラの持ってたら首がお祭りになる

と、最後以外をまとめると

可動範囲が狭すぎる

という理由で手首にまいて使っています。

じゃあ手首用のストラップを買えばいいじゃんって思ったそこのあなたは半分正解です。

手首用のストラップも考えましたが、普段家で使う分には邪魔になるかなと思いました。

出かけるときだけつけてもいいですが、めんどくさがり故効率を求める私には非効率に思えました。

そこで考えたのがこれです。というか見つけたのでこれです。

普段はこの真ん中の銀色の部分を押して外すことによってリングとして使えます。塗装剥がれて使っている感がありますね。

このリングはカナビラとしても機能するので本当に優れもの。

これはアマゾンでも1500円で買えるのでオススメ商品のうちの1つ。

スマホを使う際にどこかの指にリングを通す癖さえつけておけば問題ありません。私は薬指にいつも通すようにしています。

あとこれがスマホの落下を防げる便利なものになります。

いやー便利。手首に通すよりは楽です。

外でスマホを使う際はネックストラップをはめて外用に変身です。

これはこういう使われ方を想定しているので正しい使い方です!

…実は首用を手首に巻く理由はもう一つありまして、この連結部分の仕組みを広く知られたらこれがボタンを押してとれるってことがばれるって警戒しているからです。

改めてこの写真を見てみると連結部分は隠して持っていることがわかります。

あとは緩く手首に巻き付けることになって靴紐を結ぶときに一時的にスマホをポケットに入れても何とかつなげたまま結べるっていう副作用が。笑

店では置き引きに気をつける

東アジア人に多いのですがレストランで料理が出てきたらまず写真とってしまいます。

これがアジアン~なんて英語、フランス語、日本語と状況によって冗談を発するのですが、これは問題ないです。料理の写真見たらその場面のことを思い出すのは容易ですしいいことばかりです。

問題はそのあとのスマホの置き場所です。日本だとそのままテーブルにおいても問題はないですが、海外ではまず控えた方がいいです。テーブルの端などの死角に置くと簡単に置き引きにあってしまいます。

取られてもたぶん意外と気が付きません。たぶん。そこにおいしい料理があるでしょうから。

スマホは内ポケットにしまう

スリについてまとめたときに書いたのですが、ポケットに物を入れると簡単に形でばれます。

つまりスマホも簡単に位置がばれてしまうのでスリからも狙われやすくなります。

そういったスリにあう可能性を低めるためにも、カバン、もしくはせめて内ポケットに入れてください。

以前のスリの記事はこちらです。

https://kitokito.world/overseatrip/pickpocket

もちろんファスナーは閉めたほうが効果は高まります。

調べ物は室内でやる

例えば、バス停や駅の切符売り場付近でスマホを必死に見てると大体その街の初心者アピールになってしまいます。

スリからしたら慣れていない観光客を狙うのが楽なのでマークされがちです。

当日の予定はできるだけ前日に調べておく、もしくはレストランなどに入って調べものをすることをお勧めします。

不要な出し入れが減るので安心です。

テザリング専用のスマホを用意する

もしウィット君がとられるともちろん悲しくてたまらないと思いますが、私には実は隠し子ハウウェイさんがいます。

わざわざフランスからブラジルの密林に行って買ったハウウェイさんなのですが、ハウウェイさんにはフランスのSIMを差してます。テザリング専用なんですね。

こうすることによって普段使うスマホがとられたとしても電波付きの予備のスマホがあるっていう状況で安心できます。また私がWi-Fiを借りないでテザリングするのはそちらの方が安心感が強いからです。あと安いし。

1万円ほどでからでも十分なSIMフリーのスマホをブラジルの密林のアマゾンで買えるので海外旅行よく行く人にはオススメの方法です。

最後に

私の周りでは幸いスマホを取られた!という声は聞きませんが、インターネット上で情報収集する際はよく聞きます。インターネットに聞けば大体のことは何でも分かってしまうので便利なのですが、失ったときの不便さが大きくなります。

少し治安の悪い地域によく並ぶスマホショップを見ると何か闇を感じる気がします。

そもそもこういった被害に合わないように対策することで快適な海外旅行ができることを祈っています。

記事の途中でも紹介しましたがこちらのスリ対策の記事も併せてどうぞ。

あわせて読みたい
【海外】ヨーロッパで「スリ」に合わないため事前対策こんにちは。 2017年から2018年、リヨンというフランスで2番目に規模のでかい街で住んでいるKITOKITOです。 さて...

また海外旅行に行く方に教えていただくと幸いです。

それではBon voyage!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です