Ingress 一般

【Ingress】ドローンネット実装!Ingressに新たな遊びが追加

こんにちは、Kitokito(@kitokitoworld)です。

先日、Ingress Prime Ver 2.48がリリースされ、そこでドローンネット「Mark I」もリリースされ、2020年6月6日からアクセスできるようになりました。

今回はこのドローンネットの機能などについてのお知らせです。

ドローンネットが実装!

Ingress Prime Ver2.48よりドローンネットが実装されました。

このドローンネットでは、Ingressのマップ上にあるポータルに配置できるドローンを飛ばすことができ、ポータルをハックしてアイテムのゲットなどができます(詳細は以下)。

そして、今後このドローンネットはAGによるフィードバックを参考にしながら進化していくようです。Ingress Prime Ver2.49ではクールダウンが可視化される改良が予定されています。

ドローンネットの詳細

ここではドローンネット「Mark I」の機能の紹介をしています。

ドローンネットの使い方・仕様

ドローンネットはメインメニューからアクセスできます。

このドローンネットを選択すると、初めての場合は、現在地を起点とし見える範囲までの任意のポータルを選択できます。

選択した任意のポータルにドローンを飛ばしたい場合は、そこへドローンを飛ばして配置できます。

ドローンを飛ばすと、そのドローンを配置したポータルでハック、もしくはグリフハックが可能となります。

ドローンのハックでは以下はありません。

  • ポータルキーの取得
  • その他行動(ミッションなど)

配置したドローンは、60分後に再び動かすことが可能になります。

ただし、AG自らがドローンをリコールした場合、もしくは、配置したポータルが焼かれたり、反転されたり、なんらかの変化が生じた場合、強制リコールでAGの手元へ戻ってきます。

その場合、再びAGの現在地からドローンを飛ばすことになります。

リコールや、強制リコールを受けても、ドローンの60分のクールダウンは適応されます。

ドローン関係の実績

ドローンネットに関する実績が以下の3つ実装されました。

  1. Unique Portals Drone Visited
  2. ドローンのUPVです。ドローンで訪れたユニークなポータルの実績です。

  3. Furthest Drone Flight
  4. ドローンの飛行距離です。最初にドローンが訪れたポータルからの距離を測定します。

    この実績を伸ばしたい場合、うっかりリコールや、ドローンを配置したポータルが、次に動かすまでの間に、反転、焼かれる、中立化などのポータルの変化による強制リコールを、どれだけ受けないか、が重要になります。

  5. Drone Hacks
  6. ドローンでのハック数です。

  7. Forced Drone Recalls
  8. ドローンが強制リコールされた数です。激戦区にドローンを持っていくと、よくドローンが手元に戻ってきてしまいますが、カウントを稼げます。(要確認;撃墜した数ではなく?)

最後に

今回、ドローンネットが実装されたので、その紹介でした。

ドローンをいったいどこまで飛ばせるか楽しみですね\( ・ω・)/

強制リコールをいかに避けるかがポイントですね\( ・ω・)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください