Ingress 一般

【Ingress】IntelMapに神機能「ヒストリー」追加!過去の訪問済み、キャプチャー済み、SCのポータルが反映可能に

こんにちは、Kitokito(@kitokitoworld)です。

Ingressで新たにサブスクリプションが開始されるという予告の他、IntelMapに新たな機能「ヒストリー」が追加されていることもお知らせされていたので、そのお知らせです。

IntelMapに過去の訪問済み、キャプチャー済み、SCが反映可能な「ヒストリー」追加!

今回、NianticはIntelMapに新機能「ヒストリー」を追加したことをお知らせしました。

この「ヒストリー」では、過去に訪れたポータル、キャプチャー済みのポータル、また最近リリースされたスカウトコントローラーとなったポータルの3つが確認できるようになりました。

今までは自分で管理していくしかなかったこれらが、IntelMapでも確認できるようになるのは、かなり嬉しいことです。

IntelMap「ヒストリー」機能の概要

今回追加されたヒストリー機能は、IntelMapの特定の縮尺から表示されるFilters(フィルター)より選択が可能です。

IntelMapでのFiltersとLayersの場所

Filtersを選択すると一番上に【Layers】があり、そこでは以下の4つが選択できます。

  • Visited(訪問済み)
  • Captured(キャプチャー済み)
  • Scout Controlled (スカウトコントロール)
  • None(いつものIntelMap表示へ)

これら3つのレイヤーを同時に表示させることはできません。

Visited(訪問済み)

Visitedの訪問済みの、現地でなんらかのアクションを起こしたポータルはIntelMap上では紫色のリングで示されます。

【Visited】選択時のポータル表示(紫が訪問済み)

Visitedに含まれるアクションは以下です。

  • ハック
  • Mod、ビーコン、Firework、バトルビーコンの配置
  • レゾネーターのデプロイ、アップグレード、レンジ内でのリチャージ
  • そのポータルからリンクを形成(起点ポータル)
  • ポータルのキャプチャー
  • ポータルの写真もしくはポータルスキャンを申請し、承認
  • ポータルの作成(Wayfarerでポータルの申請が承認された場合)

現地でのアクションを対象としているため、以下は対象外です。

  • ドローンでの各種アクション
  • レンジ外からの遠隔ポータルリチャージ
  • リンク先のポータル

Captured(キャプチャー済み)

Capturedはシンプルにキャプチャーしたことがあるポータルを表します。IntelMap上では赤色のリングで示されます。

【Captured】選択時のポータル表示(赤がキャプチャー済み)

Scout Controlled (スカウトコントロール)

Scout Controlledは最近追加されたスカウトコントローラーを表示できます。IntelMap上ではオレンジ色のリング、またボラタイル対象のポータルは黄色で表示されます。

【Scout Controlled】選択時のポータル表示(あればオレンジ、黄色はスカウトコントローラーのボラタイル)

ボラタイル対象のポータルはスキャナー上では四角く差別化されているポータルです。

ボラタイル対象の四角く目立つポータル

スカウトコントローラーについては以下の記事も参考にしてみてください。

ヒストリーに反映されていないケース

意外と訪れていないポータルがあるけど、確認したら訪れてたはずのポータルがあったりなかったり。そのポータルは以下のツイートのような条件が当てはまるものだそうです。

ポータル名称が変わるとヒストリーには別のポータルとして反映されるようです。

また近所に絶対に訪れているはずのポータルを見つけましたが、名称は変更されていませんでした。位置変更でもヒストリーに反映されない可能性が高そうです。

最後に

この機会にぜひIntelMapでポータルを確認してみてください。地元でも意外と訪れていないポータルがあるかもしれません\( ・ω・)/

Ingressでも訪れたことのある都市に再訪する前に、IntelMapを確認しておくと、どこをキャプチャーしていないのか、なども分かっていいですね\( ・ω・)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください