テクテクテクテク

【テクテクテクテク】字の密集地で字が100%にならない時の対策まとめ

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

一生歩ける位置情報ゲームの「テクテクテクテク」。実際にその地に訪れたり、「となりぬり」機能を使って街区を塗っていくというゲーム。

この街区の塊、字(あざ)を100%塗りつぶすと、毎日TTPなどのボーナスをもらえます。このボーナスは字(あざ)の大きさに関係なくもらえるため、字(あざ)の密集地がかなり有利になります。

【テクテクテクテク】字(あざ)の密集地京都!字100%ボーナスにおすすめの京都の地域はここ!こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 先日リリースされた位置情報ゲームテクテクテクテク。街区(道に囲ま...

今回はこの字(あざ)の密集地において稀に塗りつぶしているのに100%にならない!といったことがあるのでそのお知らせです!

100%にならない字(あざ)は2種類

100%にならない(なっていない)字は2種類存在します。

  1. 小さな街区を塗りつぶしていないため100%にならないケース
  2. 字が小さすぎて、塗り%が0から増えないケース

①小さな街区を塗りつぶしていないため100%にならないケース

街区が多数含まれている字の場合に100%とならない場合は小さな街区を塗りつぶしていない可能性が大きいです。

例えば下の画像では濃い水色となっているのであと1箇所、どこか塗っていないということになります。(黄色の字はすでに100%)

この場合はTTPの消費が4くらい、小さすぎるものであればTTPの消費が1のものもあるので、適当にタップしていくしかありません。

川沿い、また字の境界線上に見えないほど小さな街区が存在するので、境界線あたりを適当にタップするとたまたま塗れることがあります!川沿いのTTPの消費1〜4がとっても多いです 。

字が小さすぎて、塗り%が0から増えないケース

字があまりにも小さすぎて塗り%が0から増えないというケースが稀に存在します。

この画像の西九条柳ノ内町は絶対に0%から増えない字です。そのため濃い水色へ変化もしません。

街区が面積がもっとも多く含まれる字に所属するようです。つまり1つの街区は複数の字に属さないということになります。

そのため現実ではその字に属する街区がこのテクテクテクテクでは隣の字に含まれているという認識となり、周辺を塗っても、0%から増えないということになります。

京都などの字の密集地はこれが多く発生します。いずれも色が変化せずに0%なので多くの字に属する街区が存在していません。

逆にいえば元から100%と認識されている字になるので、市町村を塗りつぶした際には影響はしないようです!

最後に

地図が好きなのでついつい「となりぬり」でいろんな地域へ行き、ぬりつぶしてしまうこの頃。京都ではこの塗れない字が大量発生する地域もありましたが、仕様だったようで一安心でした。

拡大した時の字の色が水色になっている際は①で小さな街区を塗りつぶす、色が変化していないときは②で諦める、とすると大丈夫です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください