Ingress Event

【Ingress】2019年1月の”LIBERATE”グリフチャレンジ受賞作品の例が発表!

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

2018年7月より開催されているマンスリーチャレンジのグリフチャレンジ。これはお題のグリフでフィールドアートを作り、受賞作品になった場合はパスコードが授与されるイベントです。

今回は2019年1月の“LIBERATE””グリフチャレンジの受賞作品の例が発表されたのでその紹介です!

そもそもグリフチャレンジとは?

グリフチャレンジはリンクやフィールドを用いてお題のグリフを作る「フィールドアート」の一つです!

普段よりさまざまなフィールドアートが作成されています。この前の例でいうと、リトアニアでシダのフィールドアートが作成されたりもしていました!

しかし今回はお題に沿ってフィールドアートを構築するNIAからの挑戦です!そして、そのお題がアイテムをより多く手に入れるハック、グリフハックでおなじみのグリフを用いたものだそうです!

このお題のグリフをフィールドアートで作成し、それをIngressではおなじみのSNS、Google+にてフィールドアートのスクリーンショットとハッシュタグ、#GlyphChallengeを付けて投稿しよう!というのが今回の挑戦状です。

この投稿は後にNIAによって独断と偏見によって選ばれると「20人まで使用できる」パスコードが手に入るそうです。そのパスコードがどこまで豪華なのかは使ったAGにしかわからない…!

選ばれるためにはより独創的で芸術的なお題のフィールドアートを構築する必要があり、AGのおもちろいアイデアを見ることができそうです!

2019年1月の受賞作品例はこちら!

1月の受賞作品の例はこちらです!

XFで作成したものが選ばれやすい傾向にありますね。画像中央の犬もなかなかの再現度!プードルですかね?

最後に

グリフチャレンジは必ずしも大きな作品でないと、受賞することができない!というわけではないので、ぜひ地元でもこのグリフチャレンジに挑戦してみてください!

そして投稿する際はハッシュタグ、#GlyphChallengeをお忘れなく!

1月はHUMANです!

あわせて読みたい
【Ingress】2019年2月もグリフを構築せよ!#GlyphChallenge のお題が発表!こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 2018年の7月から毎月開催されているマンスリーチャレンジの#G...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください