国内旅行

坂としまなみ海道の街、尾道を巡る—海辺と尾道ラーメン編—

しまなみ海道の始まる街、広島の尾道へ行ってきました!

尾道といえば、しまなみ海道というイメージが強かったのですが、ここは坂も海もあり、いろんな側面を持つ街でした。

今回は筆者の巡った観光地を紹介します。

 海岸を散歩し尾道ラーメンへ

駅前の海岸部からは綺麗に整備されていて、歩きやすい環境でした。

ここは対岸の向島を見渡せ、まるで川のような瀬戸内海を見ることができます。

少し歩くとおのみち海辺の美術館があります。

こちらはコンクールでのグランプリ作品が展示されており、迫力のある絵やいかにも尾道らしい絵があります。

背景が壁ではなく、海と向島になるのは面白いです。

山の方を見ますと千光寺を見ることができます。

岩が特徴的な千光寺は後ほど。

商店街と尾道ラーメン、朱華園

美術館の後は商店街へ入り、お昼ご飯を探しに。

ここは日陰でしたので涼しく歩きやすかったです。

ここが目的のラーメン、朱華園

元々並ぶとは聞いていました。

なので覚悟の上でした。

商店街まで並ぶとは思っていませんでした。

大体50mくらいなのですが、途中銀行の入口があるのでそれを考えると意外と短いです。

また回転率もよいため40分程度並んで尾道ラーメンを頂けました。

中華そばを頂きました。

目の前でほかのメニューが売り切れてしまったので選択肢はありませんでした。

値段は600円。

このラーメンは背脂が特徴的です。

写真からもわかるように結構でかい塊で浮いています。

これを口に入れて噛むと背脂のうまさが口いっぱいにひろがり、油の罪悪感はとろけてなくなります。

スープは濃いので飲み干さない方がいいかなーとは思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です