フランス

【フランス】ヴィエンヌのMusée des beaux-arts et d’archéologieの見どころ・行き方・料金ガイド

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vienneに数多く存在するローマ時代の遺跡を保存する博物館の1つ、ヴィエンヌのMusée des beaux-arts et d’archéologie/ 美術・考古学博物館の紹介です!

この博物館はヴィエンヌの考古学の展示やヴィエンヌやヴィエンヌに関連する人物画が見ることができる博物館!

展示室は大きすぎない適度な大きさで、よくまとまっている博物館です!街の中心部にもあるので他の博物館と合わせて巡りやすいのが特徴!

Musée des beaux-arts et d’archéologieの概要

ヴィエンヌの考古学と、美術品を扱うこちらの博物館・美術館は、ヴィエンヌの中心地に位置しています。展示品が豊富で、綺麗にまとめられているのが特徴的です。

ヴィエンヌの大聖堂からすぐに位置していてアクセスがしやすくなっています。

  • 名称: Musée des beaux-arts et d’archéologie
  • 住所:Place de Miremont, 38200 Vienne, France
  • 公式HP:こちら(フランス語)
  • 開館時間:9時半~1時,2時~6時
  • 閉館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、11/1、12/25
  • チケット:3ユーロ(学生2ユーロ)
  • ヴィエンヌミュージアムパス:可(8ユーロ、もしくは6ユーロ)

※18歳以下は無料

アクセス

  • 徒歩:ヴィエンヌSNCF駅から徒歩11分程度
  • バス:Temple de Cybèle(2,4)で下車後、徒歩2分

周辺は街の中心部で、教会もあるので歩いてぶらぶらしながら行くのがオススメです!

ヴィエンヌの大聖堂

Musée des beaux-arts et d’archéologieの見どころ

こちらの博物館はヴィエンヌの中心部の広場に面する建物の中にあります。考古学と美術品を同時に楽しめる博物館で、コンパクトにまとまっています。

ローマ時代より栄えていたヴィエンヌを象徴するかのような展示品が多く、歴史も同時に学べます!大都市リヨンの近くでありながらもリヨンとは少し異なっています。

古いものは20000年前から始まり、化石や石の矢じり(石鏃)までも展示されています。

比較的保存状態の良い石像が、綺麗に展示されています。この博物館の展示方法は本当にまとまっているので見学しやすいのが特徴。

川を中心に発展したとわかる1点。
陶器コレクション。陶器の絵に注目です。

前半はこのように、絵画ではなく、考古学に関するものが中心となっています。一方、後半は壁一面に絵画が展示されています。

ヴィエンヌに関するものが比較的多いのが特徴ですが、風景画もぜひ見てほしいところ。

これでもか!と敷き詰めて展示されているので、かなりの展示品があります。ベンチもあるのでゆっくり鑑賞したいところです。

暗めな絵画が多いのですが、暗さを生かした作品が多いのでそこもぜひ見てみてください!

最後に

今回はヴィエンヌのMusée des beaux-arts et d’archéologieの紹介でした。

この博物館は何回も言いますが、綺麗にまとめてあり、コンパクトな博物館となっているため、見ていて楽しくなる博物館です。

展示品が比較的多いので、フランス語がわからなくても十分に楽しめる博物館です。

ヴィエンヌの他の博物館、美術館6つを見学できるチケットが8ユーロで購入することができるので、ぜひこちらと合わせてヴィエンヌの観光をしてみてください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です