アンティーブ/ Antibes

【フランス】街歩きに最適!海岸が美しいアンティーブ

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

今回はニースとカンヌの中間に位置するコートダジュール街、アンティーブです。

アンティーブはコートダジュールの中でもかなり大きい港を持ち、多くのクルーズ船が停泊しています。

またピカソの作品の一部を見ることができるピカソ美術館やコートダジュールの名産が集まる市場、そしてニースからも見ることができるアンティーブの港にある「ノマド」というモニュメントなどなど。

ニースやカンヌに注目が集まり、日本ではまだあまり知られていないアンティーブですが訪れる価値が十分にあるアンティーブについてお届けです!

アンティーブの概要

アンティーブはニースとカンヌの中間に位置する街です。

人口約75000人という街ですが夏はリゾート地として賑わいを見せます。

またこの地理的に外より保護されている港を持つため重要な貿易拠点でした。歴史は数千年にわたるほどで交易地として栄えました。

歴史についてはこちらのサイトにて詳しく読むことができます(日本語)

http://www.mycotedazurtours.com/?p=3209

 

街並みは写真と共に紹介します・

アンティーブへのアクセス

アンティーブへはSNCF、もしくはバスでアクセスができます。

SNCF

SNCFの場合はマルセイユからTERまたはTGVで36ユーロ~。所要時間は2時間20分程度です。

またニースからは3.9ユーロもしくは4.1ユーロで所要時間はTERで14~20分です。

カンヌからは2.7ユーロで所要時間はTERで10分程度です。

 

チケットの購入はレイルヨーロッパでは日本語で購入ができます。

あわせて読みたい
【ヨーロッパ】日本語でOK!レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約する方法こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はヨーロッパ旅行の際にオススメのレイルヨーロッパジャパンでの...

もしくはSNCFから購入ができます。

あわせて読みたい
【フランス】都市移動に必須!SNCFアプリでのチケットの購入方法、機能を徹底解説!こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はフランスで鉄道を使用して移動する際にオススメするフランス鉄...

バス

私のオススメはバスです。ニースの周辺を走っているバス、Lignes D’azur(リニュダジュー)ではニース、もしくはカンヌからアンティーブまで1.5ユーロで行くことができます。

Lineは200です。

Line 200の時刻表はこちら。

バスの詳細はこちらで紹介しています。

あわせて読みたい
【フランス】ニース周辺の交通機関Lignes d'azur乗り方、買い方、注意点などを解説!こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はニース市内全域を網羅する交通機関Lignes d'Azur...

 

アンティーブ駅のバス停は外に設置されている階段より反対側に行くことによって行くことができます。

Lignes D’azur(リニュダジュー)とEnvibusのバス停が集まっています。

アンティーブの街並み

こちらの汚れの一切ない赤い壁の駅のアンティーブ。

小さな駅ですが綺麗な駅でした。

港近くのプロムナードの1つではコートダジュールを感じさせる雰囲気です。夏はより輝くと思います!

旧市街

街の中心の広場です。ここの周辺はお店も多く賑わっているエリアです。ここの近くにピカソ美術館や海岸があります。

ここの近くの本屋さんではポストカードが10枚で3.5ユーロで購入することができます。

アンティーブだけではなく、カンヌやニースなどの他のコートダジュールもポストカードも扱っています。ここで買うのが一番安いのでコートダジュールのポストカードを買う際はオススメです!

道は車一台が通れるような場所もあれば歩行者のみのところもあります。

 

こちらはプロヴァンス市場です。結構大きい市場でコートダジュールの名産が集まる市場です。月曜日以外の6時~13時までやっています。

 

アンティーブのノートルダム教会。シンプルな外観と内装が特徴的です。

シンプルな作りですが綺麗な教会です。

 

教会のすぐ隣にピカソ美術館があります。

こちらの美術館は古代ギリシャ都市、アンティポリスの城壁に位置し、17世紀初頭までグルマンディー族がすんでいました。その後アンティーブ市によって歴史考古学博物館に改築されました。

この建築物がピカソ美術館となったのは1966年です。ピカソは生前に数多くの作品をこの美術館へ寄付しました。

 

美術館は別の記事にて写真と共に紹介します!

 

美術館の西側では静かできれいな街並みが続きます。とても落ち着いた雰囲気で街歩きが楽しい場所です。

かわいいネコもゆったりしているのでぜひ探してみてください!

海岸部

アンティーブは賑わっている街だけではなく海岸部も楽しい街です。

港の橋からはニースを見ることができる他、オススメのモニュメントがあります。

「ノマド」というタイトルのこちらのモニュメントは海をじっと眺めるモニュメントです。文字の間から空を見てもきれいですし、このモニュメントに座ることもできます。

真正面からは体育座りをしているモニュメントが見れます。

実はこれニースでも同じような作品が展示されていたりします。ニースのはかなり小さいですが特徴的な場所にあるので是非探してみてください。

対岸がニースです。街があるのがわかります!あそこにもこのモニュメントが!笑

近くにはビーチもあります。ニースでは玉砂利なので砂浜がいい場合はここのアンティーブ、もしくはカンヌになります。

海岸部の建物もきれいなので是非見てみてください。

アンティーブの家はきれいに保たれていて見ていて楽しいです。

考古学博物館(Musée d’Archéologie)の上は登れるのでそこから撮るアンティーブの写真もなかなかいい感じです。

そしてさらに西まで行くとだいぶ海が近くなります。

さらにさらに西にはまたビーチがありますが少し遠いのでここくらいが散策にオススメな場所です。

最後に

アンティーブいかがでしたでしょうか。

アンティーブは街もきれいですし、何より海が綺麗です。ノマドというモニュメント付近には船以外何もないのでとても静かで穏やかな時間を過ごすことができました。

ピカソの作品を見たり、散歩するのに街ですのでぜひコートダジュールに行く際はアンティーブも候補の1つに入れてみてください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください