フランス

【フランス】ローマ遺跡の街!遺跡だらけのヴィエンヌおすすめの観光名所9選

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

フランス第二の街、リヨンから電車で僅か20分ほどで行ける、ローマ遺跡が多数存在する街ヴィエンヌ。

大都市リヨンに比べると小さな街ですが、その遺跡と雰囲気はリヨンを圧倒しています。

今回はこんなリヨンの近くにありながらも、数多くのローマ遺跡を持つヴィエンヌにある、ぜひ足を運びたい観光名所を9か所紹介します!

1.サン=モーリス大聖堂

ヴィエンヌの中心部に位置する大聖堂。ローヌ川を拝むように位置しています。

その特徴はやはり細かな装飾を施してある外装。近くで見るとスゴイ迫力で思わず見上げてしまうほどです。

これに対し内装はとてもシンプルです。静かで落ち着いた空間が広がっています。

あわせて読みたい
【フランス】ローマ時代の街、ヴィエンヌの街歩きの見どころ/ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称:Cathédrale Saint-Maurice
  • 住所:Place Saint-Maurice, 38200 Vienne, France
  • 地図:こちら(GoogleMap)
  • アクセス:ヴィエンヌSNCF駅より徒歩5分
  • 料金:無料

2.アウグストゥス・リヴィア神殿

まさにローマ遺跡の街!と思わせてくれるのがこのアウグストゥス・リヴィア神殿。リヨン周辺で一番でかいローマ神殿です。

まさに街の中心部に位置し、街歩きしていると突然目の前に現れます。

あわせて読みたい
【フランス】ローマ時代の街、ヴィエンヌの街歩きの見どころ/ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...

近くにはカフェやレストランもあるので、ここでゆっくり休憩しながら雰囲気を楽しめる場所になっています。

  • 名称:Temple d’Auguste et de Livie
  • 住所:Place du Palais Charles de Gaulle, 38200 Vienne, France
  • 地図:こちら(GoogleMap)
  • アクセス:ヴィエンヌSNCF駅より徒歩7分
  • 料金:無料

3.ローマ劇場跡

ヴィエンヌのローマ遺跡後

隣の大都市、リヨンのローマ劇場よりも立派なローマ劇場がこの街ヴィエンヌにはあります。

リヨンだけではなく他のローマ劇場とも比べてもこのヴィエンヌのローマ劇場は規模の大きい方。

ヴィエンヌのローマ劇場跡

夏に行われるヴィエンヌのジャズフェスティバルでは13000人を収容できるコンサートホールにもなります。

ジャズだけではなく、ヴィエンヌを一望できるポイントでもあります!

あわせて読みたい
ヴィエンヌのローマ遺跡後
【フランス】ヴィエンヌのローマ劇場の見どころ・行き方・料金ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称:The Roman Theater
  • 住所:7 Rue du Cirque, 38200 Vienne
  • 公式HP:こちら(フランス語)
  • 開館時間(冬):9時30分~12時30分、14時~17時(11月2日~3月31日、土日は13時30分から)
  • 開館時間(夏):9時30分~13時、14時~18時(4月1日~10月31日)
  • 閉館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、11/1、12/25
  • チケット:3ユーロ(学生2ユーロ)
  • ヴィエンヌミュージアムパス:可(8ユーロ、もしくは6ユーロ)

4.シャレット・ノートルダム教会

3.のローマ劇場跡の上にある教会のシャレット・ノートルダム教会。

ヴィエンヌのローマ劇場跡の上の教会

ローマ劇場から直接行くことはできませんが、徒歩8分ほどで行くことができます。

ローマ劇場よりも高いため、まさにヴィエンヌを一望できるスポットです。

ヴィエンヌは大きな街ではないものの雰囲気がローマ帝国時代の面影を残しているためヨーロッパ感を十二分に味わえる場所です。

あわせて読みたい
ヴィエンヌのローマ遺跡後
【フランス】ヴィエンヌのローマ劇場の見どころ・行き方・料金ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称:Chapelle Notre Dame de la Salette
  • 住所:24 Rue Pipet, 38200 Vienne, France
  • 地図:こちら(GoogleMap)
  • アクセス:ヴィエンヌSNCF駅より徒歩20分
  • 料金:無料

5.サン・ピエール教会 考古学博物館

サン・ピエール教会博物館の外装

サン・ピエール教会 考古学博物館はサンピエールというヴィエンヌの教会をそのまま考古学博物館として使用している博物館。

発掘品をそのままそこで展示しました!というような雰囲気のある博物館です。暗めの証明が雰囲気を倍増させています。

サン・ピエール教会博物館の内装

ヴィエンヌの他の博物館に比べると建物が実際の建物であるということで、他にない雰囲気の中、ゆっくり見学できる博物館になっています。

あわせて読みたい
サン・ピエール教会博物館の内装
【フランス】ヴィエンヌのサン・ピエール教会博物館の見どころ・アクセス・料金ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称:MUSÉE ARCHÉOLOGIQUE SAINT-PIERRE
  • 住所:Place St-Pierre, 38200 Vienne
  • 公式HP:こちら(フランス語)
  • 開館時間(冬):9時30分~12時30分、14時~17時(11月2日~3月31日、土日は13時30分から)
  • 開館時間(夏):9時30分~13時、14時~18時(4月1日~10月31日)
  • 閉館日:月曜日、1/1、12/24、25、31
  • チケット:3ユーロ
  • ヴィエンヌミュージアムパス:可(8ユーロ、もしくは6ユーロ)

6.ガロ・ローマ博物館

ガロ・ローマ博物館の正面

ヴィエンヌで一番でかい博物館でローマ時代の展示物の所蔵量もかなり多い博物館です。

無料の音声ガイド(日本語はナシ)を借りることができるので、かなり詳しくローマ時代の様子を知ることができます。

ガロ・ローマ博物館の内装

モザイク画をたくさん見ることができるのがこの博物館の大きな特徴の1つですが、実際のローマ時代の街の遺跡を歩けるのが最大の特徴です。

ガロ・ローマ博物館の外側

広大な博物館なのでゆっくり休憩しながら音声を聞いて回るのがオススメです。

あわせて読みたい
ガロ・ローマ博物館の正面
【フランス】ヴィエンヌのガロ・ローマ博物館の見どころ・行き方・料金ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称:Museum and site of Saint-Romain-en-Gal Vienne
  • 住所:Route Départementale 386, 69560 Saint-Romain-en-Gal, France
  • 公式HP:こちら(フランス語)
  • 開館時間:10時~18時(11月~2月は17時まで)
  • 閉館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、11/1、12/25
  • チケット:6ユーロ(学生3ユーロ)
  • ヴィエンヌミュージアムパス:可(8ユーロ、もしくは6ユーロ)

7.ヴィエンヌ博物館のオケアノス特別展

モザイク画をたくさん見ることができるヴィエンヌで、7mにも及ぶモザイク画も見学することができます。

ほぼ完ぺきにそろっているオケアノスのモザイクは数少ないので貴重な展示です。

このオアケノスのモザイクは他のモザイクとは違い、モノクロで表現されながらも力強く表現されているのが大きな特徴です。

あわせて読みたい
【フランス】ヴィエンヌ博物館のオケアノス特別展の見どころ・行き方・料金ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称: OCÉAN. RETOUR D’UN TITAN
  • 住所:1 Place du Jeux de Paume, 38200 Vienne, Franceの近く
  • 公式HP:こちら(フランス語)
  • 開館時間:10時~18時(11月~2月は17時まで)
  • 閉館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、11/1、12/25
  • チケット:6ユーロ(学生3.8ユーロ)
  • ヴィエンヌミュージアムパス:可(8ユーロ、もしくは6ユーロ)

8.Musée des beaux-arts et d’archéologie

この博物館はヴィエンヌの考古学の展示やヴィエンヌやヴィエンヌに関連する人物画が見ることができる博物館です。

古いものは2万年前から始まるこの博物館。化石や石の矢じり(石鏃)までも展示されています。

考古学に関するものが中心となっていますが絵画も多く、風景画はぜひ見てほしいところです。

あわせて読みたい
【フランス】ヴィエンヌのMusée des beaux-arts et d’archéologieの見どころ・行き方・料金ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...
  • 名称: Musée des beaux-arts et d’archéologie
  • 住所:Place de Miremont, 38200 Vienne, France
  • 公式HP:こちら(フランス語)
  • 開館時間:9時半~1時,2時~6時
  • 閉館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、11/1、12/25
  • チケット:3ユーロ(学生2ユーロ)
  • ヴィエンヌミュージアムパス:可(8ユーロ、もしくは6ユーロ)

9.ラ・ピラミッド/ La Pyramide

ヴィエンヌの街に突然現れるラ・ピラミッド。ここだけこのように不思議な空間が広がっています。

あわせて読みたい
【フランス】ローマ時代の街、ヴィエンヌの街歩きの見どころ/ガイドこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はリヨンから日帰りで行けるローマ時代の街、ヴィエンヌ/Vie...

またこの隣には、ヴィエンヌでも有名で人気な三ツ星レストラン「ラ・ピラミッド」があります。

ぜひランチやディナーで訪れてみてください!

レストラン「ラ・ピラミッド」

  • 名称:La Pyramide
  • 住所:20-22 Rond-Point de la Pyramide, 38200 Vienne, France
  • 地図:こちら(GoogleMap)
  • アクセス:ヴィエンヌSNCF駅より徒歩10分
  • 料金:無料

最後に

リヨン近郊のローマ遺跡の街、ヴィエンヌにある観光地の中で訪れてみたいスポットを9か所紹介しました!

リヨンから日帰りも可能なヴィエンヌは街歩きだけでも十分に楽しめる街ですが、博物館もオススメです!

ヴィエンヌの博物館、美術館6つを見学できるチケットが8ユーロで購入することができるので、ぜひこちらと合わせてヴィエンヌの観光をしてみてください!

フランスで鉄道旅をするなら!

フランスはヘキサゴン(六角形)の国と呼ばることもあり、日本よりも広い国土を持っている国です。

それ故、同じフランスでも地方それぞれに様々な文化や風習が根図いています。

都市間が離れているフランスを満喫するためにはフランスの鉄道、SNCFの活用が必須。

ユーレイル フランスパスを使うことで、日本でいうローカル線であるTERが乗り放題、TGVなどの新幹線に相当する高速鉄道も予約することで乗り放題になります。

各種特典もついてくるので、さらにお得に旅を楽しめます。例えば、車、ホテル、美術館などが割引に!

パリだけではない、フランス。パリ以外のフランスの街に行こうと考えている方は、ぜひユーレイル フランスパスの利用も検討してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください