スロバキア

【スロバキア】中欧の穴場!ブラチスラバのあれこれまとめ!

こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。

日本人にも人気な都市、ウィーンやプラハにも近いのにも関わらずマイナーな印象を受けてしまうスロバキアの首都、ブラチスラバ。

しかしさすが中欧の一国であるスロバキアの首都ブラチスラバ。他の周りの大きな首都に比べるともちろん劣ってしまうところはありますが、そこにはブラチスラバ独特の雰囲気が漂う素敵な場所でした。

今回、私が実際にブラチスラバを訪れた経験も交えつつブラチスラバについてお届けです。

ブラチスラバの概要

スロバキアの首都、ブラチスラバは人口約42万人と首都にしてはやや小さめ。

ウィーンが最も接近した隣国の首都でその近さはヨーロッパで一番です。そもそもブラチスラバ自体がオーストリア、ハンガリーと国境を接していて世界にも珍しい首都です。

ブラチスラバの歴史はブラチスラバ城と共にあるといっても過言ではないためこちらのブラチスラバ城の記事旧市街の記事に詳しく記載しています。

簡単に言うと、ドナウ川のほとりに位置するドナウ川ですが、ブラチスラバ周辺は流れが緩く、自然な渡り場ができていたために交通の要所となっていました。

そのため歴史も十分にありますし、街並みもどこか中世の雰囲気を漂わせていて侮るなかれ、です!

ブラチスラバの交通

ブラチスラバまでの交通手段

おそらく多いであろうウィーンからブラチスラバへ行く方法はこちらにまとめています。

あわせて読みたい
【中欧】ウィーンからスロバキアのブラチスラバへ行く3つの方法こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 オーストリア、ウィーンはもちろん見どころがたくさんありますが、ウ...

ブラチスラバチケットというチケットがオススメです。電車の時間指定もなく、ブラチスラバの交通機関も乗り放題とお得なチケットです。上記のリンクより購入方法が確認できます。

発行はオーストリア国鉄(ÖBB)ですのでこちらも併せてどうぞ。

あわせて読みたい
【オーストリア】スマホで購入/管理!オーストリア国鉄(ÖBB)アプリの使い方こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はオーストリア旅行や、オーストリアからスロバキア、ミュンヘン...

 

他の場合はおそらく鉄道かバスです。バス、鉄道の最適かつ最安ルートはこちらのアプリから検索が可能です。

あわせて読みたい
【海外旅行】ヨーロッパ旅行での必須アプリ「GOEURO」の使い方リヨンのKitokitoです。 今回はヨーロッパで移動する際に便利な交通アプリである「GOEURO」の紹介です。 ヨーロッパ...

 

日本語で検索したい場合はこちらで検索が可能となっています。購入も日本語で大丈夫です。

あわせて読みたい
【ヨーロッパ】日本語でOK!レイルヨーロッパで鉄道チケットを予約する方法こんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はヨーロッパ旅行の際にオススメのレイルヨーロッパジャパンでの...

 

ブラチスラバでの交通機関

ブラチスラバではトラム、バス、トローリーバスの3種類が走っています。

いずれも料金は統一されていて、料金は時間、もしくはゾーンを超える際に変更されます。

 

切符の値段の詳細、買い方、使い方、また路線図はこちらにまとめているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【スロバキア】ブラチスラバの交通まとめこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回は中欧にあるスロバキアの首都、ブラチスラバの交通についてのお...

 

もちろんブラチスラバチケットを持っている場合は新しくチケットを購入する必要はなく、乗り放題となっています!

ブラチスラバの観光

ブラチスラバ城

まずブラチスラバのシンボルといえるのがこちらのブラチスラバ城。

お城に関してはこちらで歴史と合わせて内部も紹介しています。

あわせて読みたい
【スロバキア】ひっくり返したテーブル!ブラチスラバ城へこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 オーストリアのお隣の国、スロバキアにあるブラチスラバ城。見た目か...

歩いてお城まで行くのがオススメです!

ブラチスラバの旧市街

ユニークな像がたくさんある旧市街も忘れてはいけません!

また青い教会などブラチスラバにしかない観光資源もありました!

詳しくはこちらにまとめています。

あわせて読みたい
【スロバキア】中欧の穴場!ブラチスラバの旧市街を巡るこんにちはKitokito(@kitokitoworld)です。 今回はウィーンより日帰りでも行けてしまう近さであるスロバキアの首...

 

最後に

ブラチスラバは小さいながらも欧州なのでもちろん日本とはまったく違う顔を見せてくれますが、他の中欧とも少し違った雰囲気を持つことにも注目です!

旧市街を離れるとどこか都会なビルもあるし、どこか田舎の雰囲気も漂うゆったりとしたブラチスラバ、ぜひ観光で訪れてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKitokitoをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください